夫婦で営む小さなバーの厨房から見える悲喜こもごも・・・


by delicayumama

母の価値観

話は少し前後するが先週の中頃の話である。

夕方母から店に電話があった。
だいたい「もしもし」とか言わない人で、いきなり用件を喋り始める。
「ゆうこ!二十万もした真珠のネックレス捨ててくれたんか!」

確かに山ほどのゴミみたいなものを捨てたが半分くらいは何を捨てたか覚えている。
母のアクセサリー類が置いてあったところも片付けはした。
中味が空っぽのネックレスや指輪の箱もゴロゴロしていたので古いものは捨てた。
でも高いか安いか私にはさっぱりわからないが、アクセサリーはどんなに錆びていても捨ててない。
ましてや真珠なら偽物と思っても捨ててないはず。

母は私のそんな話には全く耳をかさず一方的に喋るだけ喋って電話を切った。
また帰ってから探せばいいと思いほおって置いたら小一時間ほどしてまた電話があった。
もともと入っていたケースじゃないのに入っていたと言う。
私が入れ替えたみたいに言うが私には身に覚えのないことだった。

ずっと家にいて、ふとアクセサリーが気になったのか。
今どこに真珠のネックレスをして出かけるわけでもないだろうに。
私にしたら二十万のネックレスは気になるのに和ダンス満タンの着物をそのまま人にやる母の価値観が測りかねる。
まあそれも置いておかれても私は困るので処分してくれたほうが助かるのだけど。

★今日のまかない
カツカレー
サラダ
週に一度はカレー味を食べたくなります。
d0154508_1550328.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-03-19 14:47 | Moi(私)