夫婦で営む小さなバーの厨房から見える悲喜こもごも・・・


by delicayumama

<   2013年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

経済効果

ご存知の通り、店と旅行しか趣味のない私たちは旅行に行けなくなった。
母も落ち着きつつあるが、まず一年は自粛しようと思っている。

となるとお金を使うところがなくなった。
有り余っている訳でも身入りが増えた訳でもないが、旅行の為に爪に火をともす生活をして来たものだから、旅行以外にお金を使う術を知らない。

そんな生活を続けていると当然ストレスが溜まる。
ここいらで少し贅沢をしようと思いついた。

かと言って必要のない物を買うほど愚かではない。
株を買うほど余裕もない。
できることは僅かな贅沢。
毎朝食べるパンをスーパーで積まれている安売りじゃないのにする。
パン屋さんに並ぶパンドミーとか言うやつを時々買ってみる。
スーパーで買うより倍の値段がするとやっぱり美味しい。

ボディソープも特売だから買うのじゃなく欲しいものを買った。
今までちょっと手の出なかったもの。
やはり特売品の二倍の値段。
これはまだ使ってないけど、きっといい匂いで豊かな泡立ちに違いない。
使うのが楽しみだ。

果物は贅沢品だと思っている。
毎朝バナナを食べるが、時々「完熟王」なんて買ってみる。
大きいしねっとりとした口当たりはさすがだな、なんて思う。
これも普段は一本20円くらいが倍の値段なので贅沢だ。
おそらく栄養価は変わらないと思う。

昨日のお昼の番組で国民一人一人が少し贅沢をすると景気は上向くという話をしていた。
店は一向に上向かないが、私は私にできる贅沢をしようと思う。
それにもう火を灯す爪もなくなった。
「アベノミクス」と3回唱えるといいらしい(笑)

今日のまかない
朝方冷えたのでシチューを作ろうと思い立ったが、昼間に気温が上昇して…
やっぱりシチューはフウフウしながら食べるものだ。
d0154508_1551732.jpg

最近またコメントが少ないので書く気がどんどん失せております。
ある日突然消えたら、公開しなくなったものと思ってください。
[PR]
by delicayumama | 2013-09-30 15:51 | Moi(私)

運動会日和

お昼は少し暑いくらいだったけど、風もあったし運動会には良かったかな。
家の近くの小学校二つが運動会のおかげで昼間のスーパーが空いてて買い物しやすかった。
d0154508_16584635.jpg



昨日の土曜日は久々にボウズだった。
平日のボウズは助けてくれる人がいるけど、その人は本当は土曜日の人だから土曜日にその人が来れないと他に頼める人がいないのだ。

おかげで開店から閉店までの6時間、マスターと二人でめいめいのゲームをしたりため息をついたりして過ごした。
しかし待ってる商売ってしんどいものだとつくづく思う。
誰か来るのを待つのはしんどい。
でも誰が来るか来ないかわからないのを待つのはもっとしんどい。
生まれ変わったらこんな商売は絶対にやらない。

静かな日曜日が終わろうとしている。
さてご飯の支度でもするか。
[PR]
by delicayumama | 2013-09-29 16:57 | Moi(私)

まかりならん!

知り合いには四十越えに独身が多いのに、ここ一、二年結婚する人は三十前が多い。
私が若い頃の適齢期は二十四、五だったと思うので、今は遅くなっているみたいだ。
三十が一つの区切りになるのかも知れない。

結婚の形態も様々で先日夫婦箸を差し上げたお宅は超豪華版。
その割に誰かの結婚式みたいに何から何まで親任せではなく、主導権は新郎新婦だというのが良い。
大半は娘さんが決めてお父さんには今だ詳細が知らされていないというのも面白い。

親の世間体で呼んだ議員さんや顔も見たことのないどこかの社長ばかりが並ぶ、いったい誰の結婚式か何の宴会かというのには参列したくないものだ。

うちの店でお見合いしてスピード結婚したカップルは早々に入籍をすませ同居し、結婚式は家族だけで沖縄で、お披露目パーティは年明けに大阪でするという、これまた珍しいパターンだ。
入籍するまで同居はまかりならん!と言う親御さんが多いようで、こちらはお互いの気持ちを優先して世間への形式は後回しにした例と思う。

あなたは子供がいないからわからないだろうけど…とよく言われる。
でも想像するに私なら、自分達でやるなら常識の範囲内で好きにしなさいと言うと思う。
その常識の範囲というのが難しいが、仲人や結納みたいな形式はいらないと思う。
そんな事にお金を使うなら新居か新婚旅行に使えばよい。

籍を入れるとか入れないとか世間様にはわからないことだ。
順序よく入籍してすぐに別れるなら籍は後でも良いとおもうのだが、また誰かに叱られそうだからこれくらいにしとこう。

お金がある家は豪華版にすれば良いし無い家は質素にすれば良い。
あっても形式を無駄とする家は自己流でやればいい。
こうじゃないといかんというのはない世の中になって来てると思う。

今日のまかない
本日は営業です!
d0154508_163130.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-09-28 16:03 | Invité(お客様)

思いやり男子

独身軍団も一人抜けると集まりも悪くなった。
会社が遠くなったせいもあるが、それぞれの立場がそれぞれの理由で大変になっているのだと思う。
そのうちで今も昔も自分のペースで来てくれる人がいる。
いや、最近は残業のおかげで回数は少し減ったかも知れない…

彼はいくつになったのだろう。
四十は越えたが正確な年齢はわからない。
うちの店に来始めて十年以上になると思う。
十年の間に会社内で移動はあったが、母と息子の二人暮らしは変わらない。

運の悪いことに彼が移動した部署は貧乏くじを引いたようなところだった。
めちゃくちゃなサービス残業と暴力を振るう上司。
それでも彼の売り上げが上がっても誰も褒めてくれない。
彼が来るたびに愚痴る訳ではないが、いろんな人から聞く話を相互すればそんなことになる。

どこのうちでも同じだが親は年取り持病の病院通いの上にまた悪いところが増える。
彼のお母さんは長年透析を続けているが、昨年うちの母と同じ頃に交通事故に遭った。
そのせいで足が悪くなり歩くのが不自由になった。

彼はそんなお母さんを精一杯面倒みていると思う。
深夜に帰り早朝に出社する息子をお母さんも心配していると思う。

普通の男は滅多なことでは弱音をはかない。
彼は仕事のことも家のことも私が根掘り葉掘り聞かなければ自分から喋ることはまずない。
私の実家のことも心配してくれて、私が愚痴れば慰めてくれる。
お母さんを思う彼だからこその慰め方をしてくれる。

なのに彼には彼女ができない。
仕事と家のことでそんな事に現を抜かせないのも事実だ。
私は自分の親を大事にする人間は相手(彼女)の親も大事にできる人間だと信じてる。
彼のいいところを見抜ける女性がいないのが残念でたまらない。

この前、彼がうちで飲んでいる時にお母さんから電話が入った。
他にお客さんもいなかったので座ったままどうぞと私が言った。
急に血圧が上がり病院へ行ったお母さんからの報告らしかった。
彼の応対がとても優しかった。
きっといつもこうなんだろうと思った。

少し前に彼がマスターに話したことを思い出した。
男同士のほうが話安かったのか…
仕事の愚痴を家でお母さんに話すと、お母さんが泣いたらしい。
不条理な立場に追いやられたことと、きっと自分が迷惑をかけているということの両方が悲しかったのだと思う。

そんな彼のことをここに書いて置きたかった。

今日のまかない
牛肉とごぼうと小松菜の炒め物
セロリとじゃこの酢の物
納豆
d0154508_1754313.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-09-27 17:54 | Invité(お客様)

見て見ぬ振り

たった今の出来事です。

まかないのあと散歩も兼ねて南森町の薬局まで買い物に出ました。
いくつ目かの信号が赤になったので青になる方を待ちました。
同じ方向に向いている男性が歩き始めようとしてすぐ止まりました。

まだ赤です。
その男性がバックした途端に大きくふらつきました。
見れば顔は真っ赤で目は虚ろ、どちらかの手に煙草を持っていました。
私の近くで信号待ちをしていた女の人はすぐに避けました。
私も嫌だなあと思ったので青に変わった方向へ一緒に足早に歩き出しました。

横断の途中に後ろで別の女の人が「あら倒れた」と言うので、私も後ろを振り返ると先ほどの男性が歩道で倒れているように見えました。
「ふらふらでしたね。」
「煙草吸ってたよね」
「薬やってたら怖いしね。」
その女の人と喋りながらまた一つ信号を渡りました。

でも誰か通報してくれないかと気にしながらまた信号を渡ろうとした時、信号待ちをしている白バイを見つけました。
阪神高速を下りた信号なので車はいっぱいなのですが、思い切って白バイに駆け寄り男性のことを教えました。
人生で初の白バイの警官との会話です。

白バイの警官は私の指差す方向を何度も確認してサイレンを鳴らし走りだしました。
かっこ良かったですよ。
私も気になり現場が見えるあたりまで戻ると、白バイの警官が男性を抱きかかえているのが見えました。
あとは何とかしてくれるでしょ。

薬局での買い物の帰りにその場所を通るとパトカーが止まっていました。
数人の警官が道路の向こうに見えましたが、事情を説明するかどうか迷ったあげく私は何も言わず立ち去りました。
詳しく説明してくれなど言われて時間をとられたら困るからです。
それに詳しくは知りません。
変な事件じゃないといいですけど。

今日のまかない
鮭塩焼き、高野豆腐、レタスと下足の酢味噌、しじみ味噌汁
d0154508_17514981.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-09-26 17:19 | Moi(私)

母のニュースソース

先月帰省してから母からの電話があまりかからなくなった。
退院後に親身に世話をしてくれた近所の人とは最近あまり付き合いがなくなったようだし、バイクに乗って遊びに来てくれていた同級生には母の耳が遠いのが原因で嫌なことを言われて人間不信に陥ったと言うし、毎日何をしてるんだろうと心配していた。

今回帰った時に駅まで迎えに来ていた母との帰り道に聞いてみた。
「テレビを見たりごぞごぞしてるよ」と言う。
母の言う「ごぞごぞ」とは家の中の用事のこと。
朝晩の植木の水遣り、三度の食事の準備と片付け、洗濯と入浴、たまに掃除、毎日することはこれくらいしかないはずだから、あとはテレビを見るくらいしか用はない。

実家で三人でテレビを見ていると頻繁に母の解説が入る。
古い俳優さんはもとよりお笑いタレントからAKBまで、どこの出身だとか親の職業とか誰と結婚したとか別れたとか、私たちの知らないことばかりだ。

好きな番組は地球の果てに住んでる日本人の話、何とかっておじさんが居酒屋をめぐるだけの番組、そして解決ビフォーアフター。
料理番組はメモして見てる。

母の解説はワイドショーネタだけではない。
ニュースを見てると民主党はダメだとか消費税アップは延期になったとかオリンピックより東北の復興が先だとか、こんなに暑いのは高気圧が張り出したからだとかいろんなことを喋る。

「この人はパフォーマンスをする人だ」とか「アウトレット」とかカタカナの言葉も使う。
そんなことは全部テレビから仕入れたことに違いない。
母は新聞を読まない。
読まないのに新聞をとっている。
来ないと寂しいらしい。
読む欄は通販のところだけ。

今のところ事故の後遺症は出ていない。
呆けているようにも見えない。
これから先はどうなるかわからないが、母が一番いいようにしてやりたいと思う。
でもこの一番というのが難しい…

今日のまかない
シメサバでバッテラを作ってみた。
実家では鯖は食べられない。
母は鯖アレルギーなのだ。
d0154508_175819.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-09-25 17:04 | Moi(私)

ふるさと時間

うどん県から帰って来ると私はしばらく時差ボケのような感覚に襲われる。

行きは大阪から新幹線に乗り岡山でマリンライナーに乗り換えし電車がいくつかのトンネルを抜けて、最後の長いトンネルが終わり視界に瀬戸内海が開けると私はふるさと時間に入るのではないかと思う。

逆に帰りはマリンライナーが岡山に到着し新幹線に乗り換えると私はどんどんふるさとから離れ大阪での生活に戻って行くのだなあと感じる。
安堵と寂しさとの入り混じる不思議な時間。

昨日母と歩いた道は昔からある道。
その両側の建物は稀に新しくおしゃれな家もあるが、昔からの建物が圧倒的に多い。
中には人が住んでいるのかいないのか、枯れた植木鉢が積まれたままや窓枠が朽ち果てている家もある。

アーケードはあるが昔からの店の名前はシャッターやテントに残っていても一割とは営業はしていない。
そうでなければ更地か駐車場。
子供の頃のあの賑わいが夢のようだ。
そのアーケードを歩いても行き交う人もほとんどいない。

いつかも書いたかも知れないが、昨年末から頻繁に帰るのに駅前のスーパーでも街角でも友達に会ったことがない。
それがどうしてか、ようやくわかった。

私がふるさとで居る時間と空間は母のもの。
要するに年寄り時間と空間なのだ。
若い人や働き盛りの人が動く時間や場所じゃないのだ。

それにしてもふるさとをゆっくり歩けば歩くほど哀しくなる。
言葉でどう言い表せばよいかわからない。
形があるのに中味がない。
確かにそこで遊んだ場所があるのに人がいない。
そこで目を閉じれば途端に昔の賑わいがはっきり見えるのに…
耳の奥で賑わう音や声も聞こえるのに。

そこを歩くとものすごい時間の流れを感じる。
建物も年老いて家人も年老いて、そこそこの家は年寄り一人のところが多い。
そんな年寄り同士が付かず離れずの暮らしをしている。
みんな昔を懐かしんでいるだろうか。

今日のまかないは初秋刀魚
d0154508_16361688.jpg


先ほど母から電話があった。
お遍路さんをしている菅さんと会い握手してもらい頑張ってくださいと声を掛けたそうだ。
実家の前は遍路道。
毎日たくさんのお遍路さんが通る。
[PR]
by delicayumama | 2013-09-24 16:36 | Moi(私)

テクテクランチ

母と私たち三人でテクテク歩いてランチに行きました。
この三連休は連日30℃を超える暑さです。

歩いて行けるところに限られるので特別変わったものが食べられる店はありません。
昔お米屋さんがやっているその名も「こめや」
ランチメニューもいろいろありますが、私が食べたかったのはチキンカツセット。
写真を撮り忘れたのでどなたかのブログから
d0154508_15315540.jpg

これで税抜き290円。
開店記念メニューとありますが、開店してから何年もたちます。

チキンカツはなんてことない普通のチキンカツ。
ここはご飯が美味しいのです。
なんと言っても米屋です。
そしてお釜で炊くのです。
お腹いっぱいになります。

帰りはまたテクテク歩いて昔からあるお茶屋さんのグリーンソフトを食べました。
そして表に出たら同級生のお母さんとばったり!
私が母と似てきたように、同級生のお母さんも同級生にそっくり。
あら違う、同級生もお母さんにそっくりになってきたのですね。

そして母とまたクネクネ路地をテクテク歩いて帰りました。
ここは昔何屋さんだった、ここの人は今どうしてる、母のお喋りは尽きません。
ふるさとの暑い昼下がりのことでした。
夜には帰ります。
[PR]
by delicayumama | 2013-09-23 15:15 | Moi(私)

うう〜はんざわ〜

半沢直樹

最初から見ていた訳ではない。
みんなが見てるか?見てるか?って聞くから一度見てみるかって見たのは確か6話から。

こんな銀行マンぜ〜ったいいない!
と思っても見てしまう。
そして今日は最終回。
母はあんまり見てないらしいが、私たち二人は最終回は見たい。

結果は半沢の復習は果たせたが、復習相手は銀行に残り半沢自身は出向するというなんとも現実的なことになった。
頭取からそれを言い渡された半沢の顔のアップで終わる。

まさかこれで終わり?いやまだやろ?と言いながらもテレビは次週からの番宣やコマーシャルばかり。
なんだか狐につままれたような感じで終わってしまった。

Facebookを見たらすでに続編があるとか書いてある。
あら、そうなん?
銀行マンの妻でなくて良かったわあ。
d0154508_2313034.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-09-22 22:46 | Moi(私)

新幹線なう

一月ぶりの帰省の途中です。

三連休ともあって大阪駅も新大阪も激混みです。
早めに出たのでいつものさくらにもしばらく並んでから座れました。
でも自由席の車内にこんなに人が立っているのは稀です。
まるで盆正月みたい。

久しぶりにりくろーおじさんのチーズケーキをお土産に買いました。
これは安くて美味しい。
袋を見ると since1956 となっています。
そんな昔からあったんですねえ。

もうすぐ岡山に着きます。
混んでるだろうなあ。
d0154508_10233411.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-09-21 10:17 | Moi(私)