夫婦で営む小さなバーの厨房から見える悲喜こもごも・・・


by delicayumama

<   2013年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

母入浴中

今日は母と歩いてイオンへ行ってきた。
イオンのあたりは昔父の兄が住んでいた所で、母も何度か行ったことがある。
そんな所を少し歩いてイオンで少し買い物をして帰ってきた。

疲れたのかこっくり居眠りをしていたが、昼間に寝るとまた夜に寝られなくなる。
お風呂に入れと言うと昨日入ったからいいと言う。
でも今日はだいぶ汗をかいたので入らせることに。

なぜか母がチャンネルをいじっていてBSの洋画のチャンネルになり「風と共に去りぬ」になった。
映画の解説と共に洋画好きだった自分の昔話が始まる。
オットが「解説いらんから」と小声で言うが母には聞こえず。

お風呂のお湯が溜まった知らせがあったのに母は下着姿のまま喋り続ける。
私が「お風呂!」と言うとようやく立ち上がる。
「ええとこなのに。この人ハンサムやろう。失敗したあ。」と言う。
オットが「何を失敗したん?」とご丁寧に聞く。
私が母の代わりに答えた。
「結婚!」
母は「あーあ。」と言いながらお風呂へ。

母が持って来た薬の山。
d0154508_17385598.jpg

昨日はかにすき、今日はすき焼き。
食べながらもずっと喋り続ける。
[PR]
by delicayumama | 2013-12-31 17:38 | Moi(私)

七年ぶりの大阪

マリンライナーと新幹線に乗って、母は無事に大阪に着いた。
ずっと喋りっぱなし、窓から外を見ては
「わあ、大きなマンションいっぱい!」
これは岡山で新幹線待ちの母。
d0154508_1532824.jpg

階段じゃなくエレベーターを使うので移動に少し時間がかかる。
新大阪から家まではタクシー。
大阪駅の人混みで背中を押されるのを避けた。
今日は寝られるかな?
[PR]
by delicayumama | 2013-12-30 15:20 | Moi(私)

おでん

29日の大阪駅も新大阪も思いのほか空いていたが、京都駅で人身事故があったとかで在来線には遅れが出ていた。
新幹線は雪のためにやはり数分の遅れ。
岡山でマリンライナーの乗り継ぎがぎりぎりだった。

五週間ぶりに実家に帰ると、案の定だった。
正月は留守にするので冷蔵庫の中を減らしておくように言ってあったが無理だった。
正月明けが賞味期限の食品でいっぱい。

帰省した夜に食べるようにおでんを炊いてくれと頼んであった。
おでんなら残っても帰って来てから食べられるからだ。
鍋いっぱいのおでんは私よりだいぶ濃い味付け。
血圧が高いのにあまり塩分を考えていないようだ。
まだ明るいうちからご飯を炊いてもう食べようと言う。
「今日は忘年会やから」といつも一杯のワインを二杯飲んだ母。
明日十年ぶりくらいに新幹線に乗せる。
d0154508_6524941.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-12-29 21:38 | Moi(私)

棚卸し

今年最後の営業が終わった。
ご予約の二組、一組は昨年も最後の日に納会の後に来て下さった会社の団体さん。
もう一組は所長さんとお友達。

あとは最後の日に必ず来てくれるマスターの後輩君と地図屋さんのロン毛君。
この二人は早くに来て早くに帰る。

あとはどなたが来て下さるかはわからなかった。
でも小さい店なので団体さんが入るとあとは何人も座れない。
案の定、予約なしの団体さんとヘビースモーカーのOさんが入れなかった。

団体さんの方はまだ比較的新しいお客さんだし電話して来る習慣のない方なので仕方ない。
Oさんも新しいお客さんだが、先週来られた時に最後の日には団体さんの予約があるのでと言ってあったのに忘れていたか、いつもガラガラなので大丈夫と思っていたか。
前日なら余裕で入れたのに残念なことだ。

こんな読めない日でも混んでる隙間にうまく入れる人も何人かいる。
それもこれもその人の運と言うか何と言うか、店との付き合いの長さがものを言うのかもしれない。

そして終わった。
今年はいろんなことがあったけど、プライベートは早く、店での時間は長かった。
例年なら今日の土曜日は営業なんだが、今年は一足早く休みを取った。
明日の朝は早い。

ありあわせの夕食を家でゆっくりと食べていたら携帯が鳴る。
登録のない番号。
出たらお客さんだった。
9月の周年から来られていない方。
店が留守電だったからだろうが、こんな押し迫った土曜日…
昨日みたいな日が一週間に一日でもあれば、私達も悩まないんだけどね。

今日はいつもと同じ時間に店へ行き棚卸しをして帰ってきた。
ちっちゃな店のちっちゃな売り上げ、棚卸しなんか必要あるの?って思うけどマスターが真面目なもんで。
店の扉には張り紙をして。
d0154508_20563235.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-12-28 20:55 | Invité(お客様)

最終営業日

いよいよ今年最後の営業日となった。
お天気がイマイチだが、今日で仕事納めの会社も多く、皆さん何かと気忙しいことだろう。

昨日は私と幼稚園から一緒の同級生のグループ、うちでお見合いしてゴールインしたカップル、何年ぶりかの歯医者さん、そして電気のメーターの会社のボスと秘書さん二人。

幼稚園から一緒の同級生は事務所がすぐ近くなのに最近ご無沙汰が多い。
年末だからご挨拶がてらメールでもするかと思っていたら、向こうからメールがあった。

うちでお見合いしてゴールインしたカップルは先月沖縄で親族だけで挙式したときのアルバムを見せに来てくれた。
立派なアルバムにたくさんの写真が納められていて、花嫁も輝いていた。

電気のメーターの会社の秘書さん二人には今年の始めだったか、パリの奇跡のメダイを差し上げていた。
「何かいいことありましたか?」と尋ねると、一人が先日入籍したと言う。

長い間交際して、ここ数年同棲をしていた彼氏とやっと入籍して、花嫁衣装を着て写真も撮ったそうだ。
スマホの写真を見せてもらったが、彼女のやりました!って顔がなかなか良かった。

今日はまたよく冷える。
寒波が押し寄せているそうで日曜まで寒いようだ。
母が風邪を引かないかが心配。
私達も気を抜かないようにしなくっちゃ。

今日のまかない
炊き込みご飯、卵焼き、こんにゃくのオランダ煮
緋のかぶら漬け、これは愛媛の空さんちから毎年恒例の頂き物
自然の赤かぶらの色だそうだ。
いただきま〜す!

d0154508_1675367.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-12-27 16:07 | Invité(お客様)

三銃士

一時期ここにも登場していた独身軍団の三人。
今年一人が結婚したので独身軍団ではなくなった。
残った二人のうち一人は今年一年仕事に追われ、もう一人はようやくできた彼女と別れてしまったようだ。

三人の会社が数年前に店から遠くに引っ越してから足は遠退いていた上に、一人が結婚したことで三人がうちで揃うことは年に数回あるかないか。
昨日は結婚したH君が声を掛けてくれて、うちで集まってくれた。
まあ年末の挨拶というところだろう。

H君は店の開店当初から、あとの二人も十年以上ものお客さん。
三人が並んで飲んでいる姿を見ていると、つくづくおじさんになったなあと思う。
あまり大きな声で独身だと言えない年齢になった。
そりゃ私も年を取るわけだ。
さて、あと何年彼らを見ることができるだろうか。

昼過ぎに母から電話。
今日は市立病院の整形受診のついでに内科を回って肺炎球菌ワクチンの予約に行った。
ワクチンは来年の二月になると言われ、そんなに待てないと言い、今日受けて帰って来たそうだ。
これで安心して年が越せるそうだ。
母のこの押しの強いDNAは私には受け継がれていない。

今日のまかない
鳥天と野菜の天丼
じゃこおろし、白味噌の豆腐汁
d0154508_15555913.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-12-26 15:55 | Invité(お客様)

ああ水商売!

今年の営業も今週金曜日まで。
今年ほど曜日まわりがどんぴしゃな年もそうそうないので海外旅行に行く人も多いだろう。
うちはそんな予定はない。
でも9連休。

今週営業四日のうちに予約が二つ。
木曜日に電気のメーター屋さんの小さいの一つと最終金曜日に同じ会社の納会のあとの打ち上げ。
これもボスが引退されるとおそらくなくなるだろう。

昨日は誰が来てくれるか全く想像がつかなかった。
考えても誰も来そうになかったのだ。
もしかして誰も来ないの?と思い始めた頃にヘビースモーカーのOさん一人。
「イブの夜に一人は寂しいねえ。」なんて飲み始めた時に入り口のドアが開いた。

もうずいぶん長い間来られてなくて、この夏の暑中見舞いで「私は元気です。」と書いて来られた方。
9月の17周年にも立派な蘭をいただいたのに本人は来られなかった。
きっと体調を崩されているのだろうと私達は話していた。

甥っ子さん夫婦と三人のご来店。
以前と変わらずお元気そうで良かった。
でも来られなかった理由はお聞きしなかった。

Oさんが来られる少し前に一本の電話がかかってきていた。
もともとは高松の時のお客さんで大阪で偶然再会し、しばらく来てくださっていたが3年ほど前に広島に転勤になったYさん。
風の噂では体調が悪いと聞いていた。
昔から浴びるほど酒を飲み、山ほど煙草を吸っていた。

昨日は奥様と息子さんと三人。
一緒に広島に行っていたお母さんが亡くなって四十九日に来られていたようだ。
本人は昨年直腸の末期癌だったと言う。
お医者さんとどんな話か、普通に酒も飲み煙草も吸う。
でも人工肛門なのだ。

息子さんは大阪で一人暮らし。
高松では彼が三歳の時に会っているが、私は顔を覚えていない。
もちろん彼も私を覚えていない。
今は三十歳の青年だ。
彼も酒は強そうだし煙草も多い。
奥様とも何回か会っているが、彼女も酒も飲み煙草も吸う。
おまけに大阪に来る前の検査で肺に影があったと言う。

私は言いたいことは山ほどあったが、久しぶりにわざわざ訪ねて来てくれて、死の淵から帰った人とその家族に何も言わなかった。
それぞれに考え方があるだろうと思ったからだ。

そんなことは別にして、懐かしい人が訪ねてくれるのは嬉しいことだ。
ここ数年は店を閉めるきっかけを探しているような毎日だが、こんなことが商売冥利に尽きるということだと思う。
Yさんは息子さんが通うようにとボトルを入れてくださった。
他力本願な言い方だが、お客さんがお客さんを繋いでくださらなければ店は続いていかない。

そうそうOさん。
あとから家族が二組入ったし、私達も久しぶりの会話が弾み、Oさんが気にはなったがなかなか話相手ができなかった。
「幸せそうなファミリーばっかりだから帰るわ。」と言って帰って行かれた。
寒い中帰ってもまた一人…
クリスマスに一人は辛いなあ。

さて今日はどなたが?
今日のまかない
ポークチャップ、大根と厚揚げ、卵とわかめのスープ
d0154508_1740026.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-12-25 17:40 | Invité(お客様)

イブですか?

休みが続くとネタがない。
夫婦二人で面白い話題があるはずもない。

日曜日にイオンでコートを買った。
今普段着ているジャンパーは数年間にユニクロのバーゲンで買ったもの。
自転車通勤だから軽くて風を通さず、なおかつ洗濯機で丸洗いできるので重宝している。
でも何年も着ていると生地が薄くなっているような気がする。

今年は一段と寒さが応えるので少し丈の長い暖かいコートが欲しかった。
オットのも一緒に探したが気に入るのがなかったので年明けに持ち越し。
私のは値下げ価格で気に入るのがあった。

それを買って帰り値札を外していたらこんな札が付いていた。
d0154508_15592167.jpg

そのコートを着て昨日グランフロントに出掛けたのだが、歩いている私を見てオットが一言。
「全然小顔になってないやん。」
この男、滅多に自分から言葉を発しないが、たまに言う一言が余計なのだ。
年明けにコートを買ってやるのをやめようと思う。

クリスマスイブ?
昨日三越でたくさんケーキを見たけど結局買わなかった。
五十を越えた夫婦がクリスマスケーキもないもんだ。
それよりは酒のアテ(笑)

今日のまかない
鯖の煮付け、かぼちゃ、やりいか生姜煮
d0154508_15592238.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-12-24 15:59 | Moi(私)

街はクリスマス

風もなく穏やかな祝日。
久しぶりにグランフロントに行ってきた。
ほんとはめんどくさいなあとか思ったりしたけど、家にじっとしてるのは良くないと思ったので。

昨年の今頃はクリスマスだ正月だの全く関係なかった。
その後遺症がまだあって、休みの過ごし方がわからなくなってたり、予定を入れても何があるかわからないなんて考えてしまい遠くに出かけることが考えられないのだ。

どうせ行くならクリスマスのイルミネーションを見るために夜が良かったが、寒くて億劫になるので、ワイン屋さんでランチを食べて三越の食料品売り場で少し買い物をして三時前には家に帰っていた。

今日は月曜日だし面白いテレビ番組もなさそうだから、またスケートでも見ながら夕飯食べて早々に寝てしまうか。
オットがポロっと「退屈やなあ」と言うくらい…
今の年齢でこんなんだから、もっと年を取ったら私達は何をして暮らすんだろうかと思う。

休みの夕飯
三越で黒毛和牛の切り落としが安かったので塩コショウで焼いて。
デパートは高いと思われがちだが、三越は野菜が安い。
オットが食べたいと言って買ったラディッシュと、カレー入りのナン。
d0154508_2033642.jpg

d0154508_2033682.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-12-23 20:02 | Moi(私)

母の部屋

霙舞う冷たい一日でした。

このままいけば予定通り年末に母を連れて来られそうです。
我が家で母が泊まる部屋を準備しました。
四畳半の狭い部屋に私のベッドを持ち込みました。
代わりにここにあったローソファを寝室に移し私のベッドにしました。
d0154508_21531441.jpg

夕飯は鶏の水炊きです。
昨年は自宅で鍋物を食べることもできなかった。
休みのたんびにうどん県でしたから。
悲しい想い出ではありますが、心のどこかが痛みつつもどこか懐かしくもあるのが不思議です。
d0154508_21531591.jpg

痛いのは父と母が離れ離れになってしまったこと。
懐かしいのは自分の気持ちです。
来年はどんな年になるのでしょうか。
[PR]
by delicayumama | 2013-12-22 21:40 | Dimanche(日曜日)