夫婦で営む小さなバーの厨房から見える悲喜こもごも・・・


by delicayumama

理想の家族

昨日の夜から雪が降り、帰りは転ばぬように帰るのに一苦労。
ようやく良くなってきたのに、また痛い目は御免だ。
寒いせいか金曜というのにたった一人のお客さん。
朝には雨になり雪もほとんど残ってなかった。

おととい来られたYさんご家族のこと。
ご夫婦と昨年お嫁に行ったお嬢さん。
奥様のお誕生日プラス還暦祝いのお食事の帰りに寄っていただいた。

このご家族くらい何かとイベントの多い家はないと思う。
しばらく来られなかったら、先週の土日には何処そこへ行ったとか、今度の休みには何処へ行くとか。
もちろん先立つものが十分おありだろうから、いろいろなことができるのだろうけど、それにしても次々と行事のあるお家なのだ。

いつかも書いたが、私は最近すっかり出不精になってしまった。
こんなことではいかんとあちこち調べたりしてはみるのだが、そんな気持ちが長続きしない。
わざわざ遠方に行かなくても近場で同じものが食べられるではないか、なんて考え始めるとやーめたとなる。

オットはもともと自分で計画を立てて出掛けるタイプではない。
今まであちこち出掛けたのは全部私の計画。
だから私が腰を上げなければうちはどこにも出掛けない家になってしまう。

Yさんのお宅はどちらが計画を立てるのだろう。
またどちらも面倒くさがらずにそれに付き合うのが偉いと思う。
うちは記念日に食事に行くのだって、私が言い出さなければまずあり得ないこと。
私が言い出してもオットが面倒くさそうに言えば、すぐにやめる。

奥さんが帰りに紙袋を私に見せて
「主人からの還暦祝いです」とおっしゃった。
中身は何か聞かなかったが、うちはプレゼントだってあげたりもらったりしない。
欲しいものがあれば自分で勝手に買えと言う。
この旦那の出来の違いはいったいなんなんだ!
そんなことを言ったら、嫁の出来が違うんだって言われそうだから言わないけど。

写真はYさんのお嬢さんの結婚式の写真から拝借。
素敵でしょ!
みんなこんな時が…あったかなあ?
d0154508_16451681.jpg

[PR]
# by delicayumama | 2014-02-08 16:44 | Invité(お客様)

動けること

ああ嬉しい〜
あくびができる。くしゃみもできる。鼻もかめる。
寝返りうてる。伸びができる。

まだ百パーセントではないが、ようやくいちいち痛みを感じずに動けるようになってきた。
体が動くってこんなに嬉しいことなんだ。

母があの年で鎖骨と肋骨を五本骨折して二ヶ月近く入院し、その間も退院後も一人で寝起きしていたことを考えるとさぞ不自由だったことだろうと今更のように考えた。
ベッドの枠を掴んでうーんって言いながらゆっくり体を起こしていた。
痛かったんだろうと思う。
本当にあれぐらいですんで良かった。

朝母に電話をしたら昨日は雪が舞ったと言った。
電話を切ってから、去年の今頃はまだ二軒目の病院でリハビリをしていて、私が行った日曜日も雪が舞っていたのを思い出した。
母は覚えているだろうか。
今度帰ったら話してみよう。

今日のまかない
豚ロースの生姜焼き、ほうれん草お浸し、納豆
d0154508_1541489.jpg

[PR]
# by delicayumama | 2014-02-07 15:42 | Moi(私)

ズッコケた!

先週結婚式を挙げた新郎が昨夜お礼に来てくれた。
新婚早々飲みに来てたらいかんと私が言うと、新婦はまだ家に来ていないと言う。

何のことかと聞いてみると、新郎が新居に入居したのは先月末。
挙式が今月一日だったので、新婦が道具と共に入居するのはこの日曜だと言うのだ。

新婦も働いているから仕方ないのかもしれないが、あの式の最後に
「お父さん、お母さん、今までありがとう。
私はお父さんとお母さんの娘に生まれて幸せでした。」などと、鼻水ずるずるでえんえん泣きながら手紙を読んで、出席者、特にオットなど他人のくせに号泣していたのに、また両親の元に帰って行ったのかい!
とズッコケた。

も一つ驚いたのは新居にガスが来ていないこと。
だからお湯が出ないどころかお風呂に入れない。
引っ越す前の独身寮が徒歩五分くらいのところにあり、明け渡しが二十日。
ガス会社が来るまで毎晩寮にお風呂に入りに戻っているのだ。

ガスが使えるのは嫁が来る日と同じ九日。
嫁とガスを待ちわびて新郎は一人銭湯通い状態。
この寒いのに段取りの悪い話だ。
風邪を引かなければいいけど。
これも後に笑い話になることだろう。

今日のまかない
エビチリ、ポテトサラダ、紅白なます
d0154508_15541485.jpg

[PR]
# by delicayumama | 2014-02-06 15:53 | Invité(お客様)

古代稀なる

今年七十歳になるFさんはめちゃくちゃ元気で、たぶんうちの店で一番多量にお酒を飲める人だと思う。
Fさんは今の店に越して来てからのお付き合いなので十年弱くらい。
考えたらその頃から今のような飲み方で酔い方だった。
だからたぶんそれまでもそうだったと思う。

うちの父もずっと飲み助だったし、私は小さい頃からたくさんの酔っ払いを見て来たつもりだが、それにしてもFさんの酔い方は珍しい。
頭が良くていろんな知識があるのでお酒が入ってもいろんな事を喋る。
喋り続ける。
そしてもちろん何を喋ったかは本人の記憶にない。
それは酔っ払うとあたり前かもしれないが何と説明していいか、とにかく凄い。
百聞は一見に如かず、機会があればぜひ一度ご覧になればいい。
自分の中の何かが変わる…かもしれない。

この方の十一歳上のお兄さんがうちでの最高齢のお客様。
数年前から体調を崩されてお酒はだいぶ控えておられるが、今でも十分お元気。
こちらも頭の回転良くいろんなお話をされるが、弟さんとは酔い方が違う。
でもご兄弟で今も現役、家でじっとしていられないのは遺伝らしい。
それが元気の源かもしれない。
お二人ともいつまでもお元気で。

今日のまかない
チキンのパン粉焼き、納豆、野菜のスープ
最近チキンが多いとご指摘をいただきましたが、諸般の事情から仕方ないのでございます(⌒-⌒; )
d0154508_1613542.jpg

[PR]
# by delicayumama | 2014-02-05 16:12 | Invité(お客様)

嫌な夢

たいていの人は毎日夢を見てるけど覚えてないらしい。
自分が見た夢を事細かに覚えてる人がいるが、私は最近夢を見た記憶もない。
時々あまり寝られないことがあるが、そんな時でもうつらうつらしていても夢を見てない気がする。

今朝は久しぶりに覚えてる夢を見た。
ただ目覚めた時に自覚があったわけでなく、オットが起きてきて喋り始めてから、そう言えば夢を見たなあと思い出した。

えらく出演者の多い夢だった。
後から後からあの人も出て来たと思い出す。
どこかの田舎の大きな家で大勢の人と居たり、そうかと思えばナイアガラの滝のような広い場所に居たり…
実際に行ったことはないのだが。
夢は一本でないのかもしれない。

ナイアガラの滝のような所では白い大きな乗用車を運転している。
でも目の前に広がる道はゲームセンターで車を運転するゲームみたいに、どんな道が現れるかわからないのだ。

現実では私はペーパードライバー。
大阪に来てから一度も運転していない。
車を持てる生活ができなかったからだが、何よりも運転不適合者なのだ。
私が運転すると他所様にご迷惑をかける。

夢の中でどこかを曲がるとき白い乗用車の大きなボンネットの右端をこすった。
「あ!当たった!」と夢の中で思った。
あの大きさは外車だったかもしれない、とオットに話したら「足が届いたか?」と聞く。
夢の中なんだからどっちでもいいんだけど、ハンドルをきってるんだから届いたんだと思う。

どこにも楽しいことのなかった夢だった。
いや、待てよ、宝くじでも買えば当たるかもね。

今日のまかない
ししゃもの天ぷら、厚揚げの味噌煮、胡瓜とじゃこの酢の物
まかない作る前にYouTubeに見入ってしまい、あたふたしたら色合いの悪いまかないになってしまった。
d0154508_17254199.jpg

[PR]
# by delicayumama | 2014-02-04 17:25 | Moi(私)