夫婦で営む小さなバーの厨房から見える悲喜こもごも・・・


by delicayumama

MRI

行って来ましたよ。
昔は大きな病院へ行くと、そこかしこで時間が掛かったものですが、最近は凄く近代化されてて驚きます。
初診でも掛かり付けの病院から予約を取ってくれて出向くのですいすいでした。

MRIを経験したことない方の為に少しだけお話しましょう。
まず体からありとあらゆる金属でできた物を外します。
何かの手術で体に金属が入ってないかなど聞かれ、それは説明書にも細かく書かれてますが、ラメ入りのアイシャドーも駄目とあります。
そんなもの付けてくれと言われるほうが困りますね。

上下一枚ずつの下着の上から用意された服を着ます。ホテルの簡単な寝巻みたいなものです。
「耳栓をして下さい。してもうるさいですけど。」と紙粘土みたいな柔らかい耳栓をしてヘアーキャンプを被ります。

MRIの部屋は広いですが、その機械以外にあまり物のない殺風景なものです。
細長いベッドの頭を置く上の方にドームのような覆いがあるのみ。
あとはベッドにくくりつけられてまな板の上の鯉となります。

一昨年に頚椎のMRIを撮った時は唾を飲み込むなと言われてしんどい思いをしましたが、今回は肩なので楽でした。
やがてガガーとかビビーとか大きな音が断続的に続きます。一昨年の病院はヘッドフォンをして音楽を聞かされたのですが、今回は音楽なし。
でもいろんな音が何かのリズムに聞こえたり、何かを考えようとか思っているうちに少しうとうとしたみたいです。
25分くらいかかると言われましたが、私にはもっと短く感じられました。

撮った写真は直接掛かり付けの医師の方に送られるので、私は会計を済ませて終わり。

私は始めてでしたが、今は会計も機械でやるんですね。
受け付けから会計終わるまで一時間。
病院の中にはファミリーマートやドトールコーヒーもあり、へえ〜と思いながら院内散策をして来ました。

でもいくら快適でも、できれば病院通いはしたくないものですね。
[PR]
by delicayumama | 2011-03-26 06:52