夫婦で営む小さなバーの厨房から見える悲喜こもごも・・・


by delicayumama

濃い曜日

まあ、昨日のような日があるだろうか。

最初に来たのは、年の半分以上を東南アジアで仕事しているUさん。
マスターとは古い知り合いだが、私はあまり馬が合わないので触らぬようにしている。
風貌も独特で、少し年老いたルパン三世みたいな人。
後輩二人を呼んで三人でテーブルへ。

二組目はここでもお馴染みのゴイチさん。
昨日はタケちゃんと二人で、いつものように漫才のボケとツッコミで笑わせてくれた。
特にタケちゃんは正露丸を奥歯に挟んだようなお顔なのに素直で飄々としているところが面白い。
二人して干し葡萄や落花生を子供みたいにケンカしながら食べて飲んで帰っていった。

三組目はミカちゃんにフラれた所長さんお一人でご来店。
所長さんもだいぶお久しぶりなのに、たまにしか来ないUさんと、なぜか一緒になる。
ゴイチさんともよく会うと思うが、ゴイチさんは印象深いので二、三度会うといつも会うように思ってしまうかも知れない。

そこへ先週ヘロヘロで帰っていったヤスコさんが同僚男性と。
カウンターの真ん中で同僚にさんざんボヤくだけボヤいて早々に帰っていった。
小さい台風が去ったような勢いだった。
でも短時間で二人でボトル半分空けて行った。
ほとんどヤスコさんが飲んだらしい。

そこへ一時期、期待のルーキーと言われていたS君が先輩と。
遅い時間だったから二軒目だろう。
このS君の子供さんのかかりつけ医が所長さん。
それもうちの店で偶然出会ったのだから、世間は狭い。

娘さんから深酒禁止されている所長さんは、ちゃんと言いつけを守ってよい時間にお帰りになった。
なかなか面白い夜だった。
こんなに濃い面々が一夜に集まることも珍しい。
昨日は何の日だったんだろ?


さて、mixiに今日つぶやいたこと。

朝、オットが電話のそばで「お父さん」とつぶやいた。
田舎の父のことで心配事でもあるのかと思ったら…


d0154508_17524890.jpg

あなたのお父さんだったのかσ(^_^;)
[PR]
by delicayumama | 2012-03-14 17:20 | Invité(お客様)