夫婦で営む小さなバーの厨房から見える悲喜こもごも・・・


by delicayumama

寂しい休み明け

先週は本当に寂しい一週間だった。
土曜日には46歳グループの飲み会の予約があったが、結局この一組だけ。
いつもの同級生グループだから賑やかではあったが、金曜日が一人だけだったし私達は土曜日に内心期待していただけに気落ちした。

この46歳グループはみんなのお誕生祝いをする。
土曜日にはグループトップで先月お誕生日を迎えたすうぱあまんさんのお祝いをした。
d0154508_9435622.jpg

ケーキの箱を開けたらハッピーバースデーソングが流れる仕組み。
d0154508_9435824.jpg

今年から46歳グループは47歳になる。
ハッピーバースデーを合唱したが歌うほうも気恥ずかしい。

昨日の日曜日。
風邪のオットは一日養生。
私はと言えばようやくカーテンを冬物から春夏物に変えることができたし、その洗濯もして昼からのんびり買い物にも行けた。
気持ちの良い風に吹かれていつもより静かな街を自転車でゆっくり走ると気持ちは少し穏やかになれた。
と言うのも朝起きの気分がとても重かったから。
昨日はとても寂しい気分の目覚めだった。

人の気持ちはわからない。
こちらも相手もわからない。
そんなことを考えてたらまた悲しい夢を見た。
内容は忘れたけれど朝目覚めた時に悲しい気持ちだけが残っていた。
しんどいな、こんな毎日。
今のところ明るい気分になれる要素は何もない。
こんなとき、両方の親がまだ元気でいてくれることだけが救いだ。
何とかしなきゃ。
[PR]
by delicayumama | 2012-05-14 09:10 | Moi(私)