夫婦で営む小さなバーの厨房から見える悲喜こもごも・・・


by delicayumama

イタイ姉さん

最近iPhoneでやるゲームにはまってしまってブログの更新が遅れるなんて恥ずかしくて言えない(笑)

マスターの後輩で山ほどビールを飲む姉さんがいる。
酔っ払って転んだとか警察のお世話になるとかタクシーの運ちゃんと喧嘩するとか、酒にまつわる失敗話が山ほどあるのに全く懲りてない。

私より一回り年下だが自宅のベッドから落ちて肩を複雑骨折するほど骨は弱いし足が弱いので頻繁に転ぶ。
それなのに悠に10センチは超えるヒールを履いたりして来る。

おまけにどこで売ってるのかと思うほど奇抜な服装でやって来る。
体にまとわりつくややこしい服は見ていても危ない。
危ないとはいろんな意味で危ないと言うこと。

土曜日もそんな格好でやって来た。
来るなり足が痛いと言い、聞けばおニューのサンダルだと言う。
結果、うちの店にあった百均のスリッパで帰って行った。
その帰る時だって一人で立てないくらいにぐらんぐらんになる。
危なかしくて見てられないのだ。
うちの帰りに事故だの怪我だの言われたくない。

昨日もマスターがようようタクシーに乗せたのに、しばらくして店でいた知り合いにどこからか電話して来た。
私やマスターには電話はして来ない。
叱られるからだ。

お姉さんがどこでどうなったか私は聞かない。
知り合いさんは電話のあとすぐに帰ったのでお姉さんに会ってるはず。
どこかでタクシーを下ろされたか家に帰る途中に転んだかそんなとこだと思うが、私は腹が立って仕方ない。

いったい何歳なんだ!いつまで人に迷惑かけるんだ!
いい加減にしろ!と言いたい。
もう飲ませない!


うちの猫
唯一私の手作り。
何かの雑誌に載っていたのを見よう見まねで作ってみた。
結婚して間がない頃。
今はそんなことをする気にもならないけど。
d0154508_10174540.jpg

[PR]
by delicayumama | 2013-07-13 11:53 | Invité(お客様)